スポンサーリンク

【検証】リーディング上位騎手40人の”勝ち切り率”を調査してみた!~意外?な人が優勝!~

こんばんは!

本日は皆さんおまちかねの検証シリーズです!

皆さんは今まで競馬をしていて頭固定(単勝勝負)した馬が2着で悲しい思いをしたことありませんか?恐らく1回はありますよね?

また、「福永騎手は勝負弱いから勝ちきれない、2着ばっかりだ」「福永は2着固定」「岩田はガッツがあるから勝ち切る」等と印象ベースで言われていることもあります。(こないだ競馬場でおじさんが言ってた)

そこで、「勝ち切れる騎手は誰なのか数字で把握しておこう」と思いこの記事を書くに至りました。

※ここでは「1着数÷2着数」を”勝ち切り率”と定義します。

※対象は2017年10月12日現在リーディング上位の40名です。

それでは上位の発表!!!

の前に、下位から発表していきたいと思います。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

【下位5名】

1位 勝浦正樹(56%) 

⇒1着22回 2着39回

2位 蛯名正義(59%) 

⇒1着27回 2着46回

3位 丸山元気(71%) 

⇒1着22回 2着31回

4位 吉田豊(74%) 

⇒1着23回 2着31回

5位 浜中俊(76%) 

⇒1着45回 2着59回

感想
いつも自分がよく買う騎手がまあまあいる(´;ω;`)
吉田豊さんと勝浦騎手は私の買いたい馬によく乗っていて、単勝負して2着で散るパターン何度もあったけどこういうことだったのか。丸元さんやエビ明神で単チャンスも危険そう。
ちなみに田中勝春騎手は1着21回の2着20回で105%。
可もなく不可もなくといったところでした。
続いて上位騎手の発表です。

【上位5名】

1位 吉田隼人(200%) 

⇒1着66回 2着33回

2位 M.デムーロ(174%) 

⇒1着136回 2着78回

3位 戸崎圭太(140%) 

⇒1着141回 2着101回

4位 福永祐一(139%)

⇒1着89回 2着64回

5位 石橋脩(138%)

⇒1着47回 2着34回

感想
この指標では抜けた人気馬に良く乗るリーディングトップの騎手が上に来るのが一般的なのですが、なんと優勝はリーディング10位の吉田隼人騎手。
勝ち切り率も200%とダントツの圧勝。
しかも馬質が特段いいというわけでもなく、その証拠に66勝のうち単勝1倍台は5回のみ。
穴馬を巧く乗ってアタマで持ってくるシーンも良く見られました。
リーディング16位の石橋脩騎手も大健闘。
石橋騎手に関しては積極的に先行し、そのまま残して勝利するシーンが良く見られます。
※3着と敗れはしましたが、スプリンターズSのワンスインナムーンでの逃げは素晴らしいものでした。
また、よく「勝負弱い」と言われがちな福永騎手も数字で見ると全然悪くないし寧ろ良い方です。無根拠の噂を真に受けて福永騎手を嫌うのは馬券的には良くないでしょう。

【一覧まとめ】

順位 騎手名 1着 2着 勝ち切り率
1 戸崎圭太 141 101 140%
2 M.デムーロ 136 78 174%
3 C.ルメール 135 101 134%
4 福永祐一 89 64 139%
5 和田竜二 81 68 119%
6 内田博幸 74 67 110%
7 岩田康誠 73 64 114%
8 武豊 71 72 99%
9 田辺裕信 70 60 117%
10 吉田隼人 66 33 200%
11 川田将雅 62 72 86%
12 幸英明 55 62 89%
13 北村友一 48 61 79%
14 北村宏司 48 52 92%
15 松山弘平 48 50 96%
16 石橋脩 47 34 138%
17 浜中俊 45 59 76%
18 大野拓弥 44 48 92%
19 池添謙一 43 54 80%
20 津村明秀 40 32 125%
21 柴田大知 39 47 83%
22 荻野極 37 39 95%
23 松若風馬 36 36 100%
24 小牧太 36 31 116%
25 秋山真一郎 35 27 130%
26 坂井瑠星 34 31 110%
27 藤岡康太 33 37 89%
28 横山典弘 33 32 103%
29 藤岡佑介 31 33 94%
30 松岡正海 28 32 88%
31 古川吉洋 28 22 127%
32 蛯名正義 27 46 59%
33 菱田裕二 27 28 96%
34 四位洋文 26 27 96%
35 丹内祐次 24 28 86%
36 吉田豊 23 31 74%
37 柴山雄一 23 30 77%
38 岩崎翼 23 21 110%
39 勝浦正樹 22 39 56%
40 丸山元気 22 31 71%

おまけ

108 黛弘人 3 20 15%
109 宮崎北斗 3 12 25%

黛騎手は今年1着3回に対し2着が20回とかなり極端な数字。

宮崎騎手も勝ち切ることは少ないです。

※ただ大穴を2.3着に持ってくることが結構あるので個人的には好きな騎手です。ワイナルダムと重賞に行って欲しい。

総括

1-40位ジョッキーの勝ち切り率平均が105%だったので、これを上回っているか否かでアタマ取れる騎手かどうかザックリ判断できるかと思います。(勝春騎手は105%なのでちょうど平均と言うことですね)

ただ、年によって変動することも多い指標ですので来年は全く違う数値になっている可能性もございます。ご参考までに。

おちまい

競馬アプリまとめ