スポンサーリンク
キタサンブラックの単勝を買い続けたら、儲かるの?検証してみた!

キタサンブラックの単勝を買い続けたら、儲かるの?検証してみた!

今や大人気のキタサンブラックですが、デビューから今までの単勝を買い続けていたらどれだけ儲かっていたかわかりますか?

実は昔はキタサンブラックの実力を半信半疑に思ってる人が多く、美味しい馬券がたくさんあったんです。

今回は「キタサンブラックの単勝を全て買っていたらいくらになったのか」について、ディープインパクトと比較しながら書いていこうと思います!

スポンサーリンク

キタサンブラックの単勝を全て購入した結果

レース名 人気 着順 1000円かけた時の払い戻し
2015 新馬 3 1 7900
2015 500万下 9 1 48400
2015 スプリングS 5 1 12300
2015 皐月賞 4 3 0
2015 ダービー 6 14 0
2015 セントライト記念 6 1 12500
2015 菊花賞 5 1 13400
2015 有馬記念 4 3 0
2016 産経大阪杯 5 2 0
2016 天皇賞(春) 2 1 4500
2016 宝塚記念 2 3 0
2016 京都大賞典 1 1 1800
2016 ジャパンC 1 1 3800
2016 有馬記念 2 2 0
2017 大阪杯 1 1 2400
2017 天皇賞(春) 1 1 2200
2017 宝塚記念 1 9 0
2017 天皇賞(秋) 1 1 3100
1万8000円が11万2300円に!!!

キタサンブラックは今でこそ1番人気になるような人気馬ですが、3歳時は半信半疑な人が多くかなり美味しい人気でした。

今はほとんどが1番人気で、単勝のオッズも一桁台です。

昔は単勝が10倍以上ついただなんて……考えられませんよね。馬券で大きく儲けるためには、強い馬を早く見抜くことが大切ですね。

ということで、キタサンブラックの単勝を1000円買い続けると9万4300円儲かっていたということがわかりました。

ディープインパクトと比較してみた

レース名 人気 着順 1000円かけた時の払い戻し
2004 新馬 1 1 1100
2005 若駒S 1 1 1100
2005 弥生賞 1 1 1200
2005 皐月賞 1 1 1300
2005 東京優駿 1 1 1100
2005 神戸新聞杯 1 1 1100
2005 菊花賞 1 1 1000
2005 有馬記念 1 2 0
2006 阪神大賞典 1 1 1100
2006 天皇賞(春) 1 1 1100
2006 宝塚記念 1 1 1100
2006 凱旋門賞 海外、未発売
2006 ジャパンC 1 1 1300
2006 有馬記念 1 1 1200
1万3000円が1万3700円に!!

ディープインパクトはキタサンブラックと異なり、デビュー戦から1.1倍の人気でした。

勝っても110円、負けたら0円。リスクが大きすぎますよね。

結果的に、ディープインパクトの単勝を1000円買い続けても700円の儲けにしかならなかったということがわかりました。

おわりに:キタサンブラックを信じて買い続けてきた人はカナリ儲かっている!

ディープインパクトと比較したら明らかになったように、キタサンブラックをずっと信じて買ってきた人はカナリ儲かっていることがわかりました。

今では1番人気が当たり前でメディアにもよく取り上げられている馬ですが、3歳の時はそうでもなかったんですよね。

もし馬券で儲けたい!って思ったら、話題の人気馬を買うのではなく、キタサンブラックのような隠れた実力馬を見つけていきたいですね。

次はこちらの記事をどうぞ>>キタサンブラックの弱点を徹底的に調べて見えた「負ける条件」とは?

競馬アプリまとめ