スポンサーリンク

【有馬記念予想】ヤマカツエースの考察・過去のレース回顧

有馬記念に出走予定のヤマカツエースについての考察です。過去のレース回顧をしながら有馬記念での取捨を考えていきます。

先日の枠順抽選会では見事1枠1番を引き当て、かなり注目を集めたヤマカツエース。G1男といっても過言ではない池添騎手がずっと騎乗しているのも良いですよね。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヤマカツエースの成績一覧

日付 レース名 距離 騎手 着順
2017.11.26 ジャパンC 芝2400 池添 謙一 8
2017.10.29 天皇賞(秋) 芝2000 池添 謙一 11
2017.08.20 札幌記念 芝2000 池添 謙一 3
2017.04.02 大阪杯 芝2000 池添 謙一 3
2017.03.11 金鯱賞 芝2000 池添 謙一 1
2016.12.25 有馬記念 芝2500 池添 謙一 4
2016.12.03 金鯱賞 芝2000 池添 謙一 1
2016.10.30 天皇賞(秋) 芝2000 池添 謙一 15
2016.08.21 札幌記念 芝2000 池添 謙一 5
2016.06.26 宝塚記念 芝2200 池添 謙一 13
2016.06.04 鳴尾記念 芝2000 池添 謙一 6
2016.02.14 京都記念 芝2200 池添 謙一 5
2016.01.05 日刊中山金杯 芝2000 池添 謙一 1
2015.11.15 福島記念 芝2000 津村 明秀 1
2015.10.24 富士S 芝1600 池添 謙一 13
2015.08.23 札幌記念 芝2000 池添 謙一 4
2015.07.19 函館記念 芝2000 池添 謙一 3
2015.05.10 NHKマイル 芝1600 池添 謙一 13
2015.04.11 NZT 芝1600 池添 謙一 1
2015.03.21 ファルコンS 芝1400 藤田 伸二 3
2015.02.28 アーリントン 芝1600 池添 謙一 6
2015.02.01 3歳500万下 芝1400 池添 謙一 1
2015.01.17 白梅賞 芝1600 藤田 伸二 4
2014.09.27 ききょうS 芝1400 池添 謙一 6
2014.09.07 すずらん賞 芝1200 池添 謙一 2
2014.07.06 2歳未勝利 芝1200 藤田 伸二 1
2014.06.22 2歳新馬 芝1200 池添 謙一 6

堅実に力をつけてきた馬で、今では今年の大阪杯3着のようにG1でも通用する馬になりました。昔はG3、G2までの馬といった印象が強かったのですが、昨年の有馬記念で4着ということもあり今年は期待が高まります。

そんなヤマカツエースの近3走を振り返っていきましょう。

1走前:ジャパンカップ[G1]

着順 馬名 騎手
1 シュヴァルグラン ボウマン
2 レイデオロ ルメール
3 キタサンブラック 武豊
: : :
8 ヤマカツエース 池添謙一

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

8枠16番からインにいるのなんで?って思いましたよね。そこそこ良いスタートを決めて中団につけ、向こう正面でレイデオロが外へ外へと出してきているところで内に潜り込んでいました。不利な大外枠にもかかわらずかなりロスなくまわってこれたのは鞍上池添騎手の見事な誘導がありましたね。

直線ではあいた内からスルスルと伸びてきて、一瞬は来るんじゃないかとも期待できる伸びがありました。しかし上位に差を詰めることはできず、結果は8着。残念な結果でしたがかなり見せ場を作っており、馬も鞍上も頑張ったのではないでしょうか。

2走前:天皇賞(秋)[G1]

着順 馬名 騎手
1 キタサンブラック 武豊
2 サトノクラウン M.デム
3 レインボーライン 岩田康誠
: : :
11 ヤマカツエース 池添謙一

13.2-12.5-12.9-12.5-13.1-13.0-12.4-12.0-12.7-14.0

今年の天皇賞(秋)は周知の通りかなりの不良馬場で、スタミナ・底力を問われる展開となりましたね。

好スタートから中団での競馬でした。コーナーから直線までスムーズにスピードに乗れていましたが、残り400m手前くらいからもうきつそうでしたね。

以前は稍重馬場でも好成績を残していましたが、最近ではどちらかというとスピード馬場を得意としているように感じます。ここまで重たくなったのは少々辛かったですね。

3走前:札幌記念[G2]

着順 馬名 騎手
1 サクラアンプルール 蛯名正義
2 ナリタハリケーン 藤岡康太
3 ヤマカツエース 池添謙一

12.7-11.0-11.7-13.0-12.3-12.1-11.9-11.9-11.8-12.0

スタートして外側を意識していましたね。内枠なのにインには潜り込まず、中団外目に位置どりをしました。

周りに馬はおらずいつでも動ける状態で、コーナーでじわじわと押し上げていきましたが、外から上がってきたサクラアンプルールの方が脚色はよく。最後は後方で脚を溜めていたナリタハリケーンにも交わされてしまいました。

前半ややスローのロングスパート戦はこの馬にとって消して苦手なレースではないはずでしたが、割とあっさり3着に敗れてしまったのはいかがなものでしょう……。

その他気になるレース:2016年有馬記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノダイヤモンド ルメール
2 キタサンブラック 武豊
3 ゴールドアクター 吉田隼人
: : :
4 ヤマカツエース 池添謙一

有馬記念、ヤマカツエースの取捨は?

この馬は割と万能に対応できる馬ではあると思っています、馬券に絡めるかどうかはともかく。ただ馬券内まで走ってくるにはどれだけ前で脚を溜めれるかかなといった印象。

流れるペースやロングスパート戦になってくると近走の様子だと札幌記念ですら負けてしまっているので、強くは推せないです。ペースは流れないとは予想していますが、それでも武豊騎手が逃げた場合どスローは考えられず……全体的にややスローでのロングスパートかミドルかなって感じ(参考:【2017有馬記念】枠順&展開予想&暫定予想~距離持てば~)。そうなると繰り返しになりますがどこで脚を溜めて最後弾けさせられるかですよね。つまり一か八かの騎乗なら狙える。

今回1枠1番を引いてしまったためこの馬はかなり競馬はしやすいと思います。池添騎手も喜んでいましたよね。スタートをでてそこそこ良い位置を取れれば、あっと言わせる展開になってもおかしくありません。

ただ間違いなく人気はすると思います。内枠有利というのは「有馬記念過去10年 | 成績・条件別データ | 平均配当など」からも明らかです。

つまり面白い馬ではあるけれど高配当を狙いに行くならちょっと人気かなといったところですね。当てに行くなら相手に入れておいて損はない馬です。

予想に反してハイペースになってしまったらごめんなさい。

競馬アプリまとめ