サイトデザイン変更中につきデザイン崩れがあります。ご了承ください。

【有馬記念】シュヴァルグランの考察・過去のレース回顧

競走馬

有馬記念に出走予定のシュヴァルグランについての考察です。過去のレース回顧をしながら有馬記念での取捨を考えていきます。

前走のジャパンカップでは1着となり、悲願のG1初制覇となりましたよね。G1でも大活躍中の馬で、有馬記念での期待も高まっております。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

シュヴァルグランの成績一覧

日付 レース名 距離 騎手 着順
2017.11.26 ジャパンC 芝2400 H.ボウマン 1
2017.10.09 京都大賞典 芝2400 M.デムーロ 3
2017.06.25 宝塚記念 芝2200 福永 祐一 8
2017.04.30 天皇賞(春) 芝3200 福永 祐一 2
2017.03.19 阪神大賞典 芝3000 福永 祐一 2
2016.12.25 有馬記念 芝2500 福永 祐一 6
2016.11.27 ジャパンC 芝2400 福永 祐一 3
2016.11.06 アルゼンチン 芝2500 福永 祐一 1
2016.06.26 宝塚記念 芝2200 福永 祐一 9
2016.05.01 天皇賞(春) 芝3200 福永 祐一 3
2016.03.20 阪神大賞典 芝3000 福永 祐一 1
2016.01.17 日経新春杯 芝2400 C.ルメール 2
2015.12.13 オリオンS 芝2400 C.ルメール 1
2015.10.31 3歳上1000万下 芝2400 福永 祐一 1
2015.10.03 3歳上500万下 芝2400 福永 祐一 1
2015.08.30 3歳上500万下 芝2000 福永 祐一 2
2015.05.09 京都新聞杯 芝2200 内田 博幸 8
2015.03.28 毎日杯 芝1800 内田 博幸 5
2015.01.24 若駒S 芝2000 内田 博幸
2014.12.27 エリカ賞 芝2000 内田 博幸 3
2014.11.29 京都2歳S 芝2000 内田 博幸 3
2014.10.12 2歳未勝利 芝2000 福永 祐一 1
2014.09.21 2歳新馬 芝2000 福永 祐一 2

成績を見たらわかる通り、本当に着々と力をつけてきた馬ですよね。

1走前:ジャパンカップ[G1]

着順 馬名 騎手
1 シュヴァルグラン ボウマン
2 レイデオロ ルメール
3 キタサンブラック 武豊

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

終始インでギニョール越しにキタサンブラックを見ながらレースを進めました。

直線を向いて前にいたギニョールとディサイファの間をついて進路を確保。あとは残り2.5Fあたりで鞭を入れ出すと、ジワリと伸びて逃げていたキタサンブラックをとらえて1着。まさに虎視眈眈といった感じで、進路・追い出しともに完璧な騎乗だったと思います。

ペースも淡々として前に行った馬がそんなに有利ではない中(まぁ全体で見たらスロー気味ではありますが)しっかりと伸びました。状態も最高に良かったと思われます。

2走前:京都大賞典[G2]

着順 馬名 騎手
1 スマートレイアー 武豊
2 トーセンバジル 岩田康誠
3 シュヴァルグラン M.デム

12.9-11.0-11.7-12.2-12.1-12.1-12.4-12.5-11.7-11.5-11.4-11.5

スタートで進路が狭くなり、位置どりもだいぶ後ろになりました。3コーナー過ぎで外から上がっていき、4コーナーでは好位につけれていましたね。

早めに動いたことで外をまわしたにもかかわらず比較的コンパクトにまわってこれたのは良かったと思います。

3走前:宝塚記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノクラウン M.デム
2 ゴールドアクター 横山典弘
3 ミッキークイーン 浜中俊
: : :
8 シュヴァルグラン 福永祐一

12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

行く馬がいない中で押し出されるような逃げの形に。陣営もオーナーもみんなシュヴァルグランの逃げは予想外の展開だったみたいですね。

ハナに立つと少しペースを落としましたが、それでも全体で見たら流れるペースでスタミナが問われたレースになりました。前に行った馬が厳しくなる展開だったので、難しい結果でしたね。4コーナーでの手応えば全く良くなく、直線を向いたころにはすでに馬群に沈んでしまいました。

あとはそもそも宝塚記念の舞台ってこの馬にとってあまり相性は良くなく、2年連続での不発となっております。

その他気になるレース:2016年有馬記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノダイヤモンド ルメール
2 キタサンブラック 武豊
3 ゴールドアクター 吉田隼人
: : :
6 シュヴァルグラン 福永祐一

有馬記念、シュヴァルグランの取捨は?

シュヴァルグランのレースをもっと振り返っていくと、この馬が力を発揮できるコースは東京のような広い舞台なんですよね。

キタサンブラックを倒すほど力をつけてきた馬で、個人的に強いと思っていますが、どうも直線の短いコースは成績を残していないのが心配で……。宝塚記念も阪神内回りでダメですしね。

去年からキレイに「有馬記念」と「宝塚記念」だけは馬券外に負けているんです。他は全部馬券に絡んでいるのに、この2つのレースだけキレイに敗北しているのはよほど相性が悪いんじゃないかと思っています。

ただ能力自体は間違いなく今はトップレベルにあります。加えてボウマン騎手が騎乗となると、馬にとって苦手なコースでも騎手が上手く導いてくれる可能性はなきにしもあらずだと思っています。強くオススメできる馬ではありませんが、相手には入れておきたいです。

参考程度によろしくお願いします!

コメント