スポンサーリンク

【有馬記念予想】シャケトラの考察・過去のレース回顧

有馬記念に出走予定のシャケトラについての考察です。過去のレース回顧をしながら有馬記念での取捨を考えていきます。

デビューが遅く4歳馬ながらまだ10戦しかしていない馬ですが、ポンポンと勝ち上がってきた素質馬。ディープインパクトなどを所有していた金子オーナーの馬ということもあり、早くから注目されていた馬でした。有馬記念と同じ舞台の中山2500mのG2日経賞の勝ち馬でもあるため、有馬記念でも穴馬として期待しちゃいますよね。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

シャケトラの成績一覧

日付 レース名 距離 騎手 着順
2017.11.26 ジャパンC 芝2400 福永 祐一 11
2017.10.29 天皇賞(秋) 芝2000 C.デムーロ 15
2017.06.25 宝塚記念 芝2200 C.ルメール 4
2017.04.30 天皇賞(春) 芝3200 田辺 裕信 9
2017.03.25 日経賞 芝2500 田辺 裕信 1
2017.01.17 日経新春杯 芝2400 浜中 俊 2
2016.12.11 境港特別 芝2200 C.ルメール 1
2016.10.01 3歳上500万下 芝2400 浜中 俊 1
2016.07.03 美濃特別 芝2000 浜中 俊 3
2016.06.12 3歳未勝利 芝2000 浜中 俊 1

デビューが3歳6月とかなり遅かったのですが、デビュー当時から注目を集めてトントンとOP入りを果たしました。

デビューの翌年にはG2日経賞も勝利、G1宝塚記念では4着と好走し、有馬記念でも注目している人は決して少なくない馬だと思います。

そんなシャケトラの近3戦を見ていきましょう。

1走前:ジャパンカップ[G1]

着順 馬名 騎手
1 シュヴァルグラン ボウマン
2 レイデオロ ルメール
3 キタサンブラック 武豊
: : :
13 シャケトラ 福永祐一

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

外から好スタートを決めて好位につけましたね。ただ枠の問題か、終始外目をまわっていました。だいぶロスのある競馬をしていたと思います。

4コーナーは持ったままスムーズにまわってきて、直線でも割と遅めに追い出されたものの、ぜんぜん速い脚は使えず……。

コーナーはあんなにもスムーズなのに、直線が長いとその良さを活かせない結果となりましたね。

2走前:天皇賞(秋)[G1]

着順 馬名 騎手
1 キタサンブラック 武豊
2 サトノクラウン M.デム
3 レインボーライン 岩田康誠
: : :
15 シャケトラ C.デム

13.2-12.5-12.9-12.5-13.1-13.0-12.4-12.0-12.7-14.0

今年の天皇賞(秋)は周知の通りかなりの不良馬場で、スタミナ・底力を問われる展開となりましたね。

大外から果敢に前目につけようと上がっていきました。ゴシゴシと残り2.5Fまでは押し上げてきましたが、鞭を入れた頃にはもう脚がありませんでしたね。鞍上のC.デムーロ騎手も早々に追うのをやめていましたので着差は気にしなくても良いかもしれません。

そこそこ時計のかかる馬場なら今まで走れていましたが、ここまで酷くなるときついか、はたまた休み明けで太かったので無理しなかったのか、どちらかでしょうね。反応があまり良くなかったところを見ると、休み明けの影響もあったのかなという気もします。

3走前:宝塚記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノクラウン M.デム
2 ゴールドアクター 横山典弘
3 ミッキークイーン 浜中俊
: : :
4 シャケトラ ルメール

12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

好スタートで2番手を取りに行きましたね。4コーナーでの加速が素晴らしく、直線に入ったところでは先頭でした。が、サトノクラウンとゴールドアクターにあっさりかわされ、最後ミッキークイーンにも差されてしまい4着。

内回りでこんなにすんなりとコーナーで上がって行けるのはこの馬の強みだなと思いましたし、スタミナ勝負は向いているなと行った印象でした。上位3頭が単純に強かったですね。

その他気になるレース:日経賞[G2]

着順 馬名 騎手
1 シャケトラ 田辺裕信
2 ミライヘノツバサ 藤岡佑介
3 アドマイヤデウス 岩田康誠

有馬記念、シャケトラの取捨は?

シャケトラは天皇賞(秋)は大敗していますが、基本的にスタミナの問われる舞台が得意なタイプだと宝塚記念やそれ以前のレースからわかります。なので有馬記念がそういうレースになれば、かなり面白い馬ですよね。コーナーですっと動けるので中山のような競馬場もすごく合っています。

ただ、ここ3年の有馬記念は割とスローペースが多く、そうなるとこの馬の良さは活きてこないんじゃないかな、と思っています。2016年の有馬記念はスロー気味とはいえロングスパートになったのでこんな感じなら対応できますが、2015年や2014年の有馬記念はどスローとよんでも良いくらいのスローペース。こうなってしまうとシャケトラの台頭は厳しいのでは、という見解です。

今年の有馬記念の想定ペースはややスロー〜ミドルあたりだと予想しています(参考:【2017有馬記念】出走予定馬&展開予想&暫定予想~鞍上の枠運があれば~)。逃げ馬が不在のためキタサンブラックが逃げる形になってしまうのではないかと考えていて、武豊騎手なのでどスローまでは落とさず絶妙なラップを踏みながらのややスローくらいかなと。

福永騎手が強気にスタミナ勝負に持っていくくらいの勢いで前の馬をマークしていくか、いっそのこと捲っていったりするなら面白いとは思うんですけど、強気にはいけないかな……。

競馬アプリまとめ