サイトデザイン変更中につきデザイン崩れがあります。ご了承ください。

【有馬記念予想】サトノクラウンの考察・過去のレース回顧

競走馬

有馬記念に出走予定のサトノクラウンについての考察です。過去のレース回顧をしながら有馬記念での取捨を考えていきます。

今年の上半期のグランプリレース・宝塚記念を制し、両グランプリ制覇に挑むサトノクラウン。重馬場などのタフな競馬が得意な印象ですが、果たして有馬記念ではどんなレースをしてくれるのでしょうか。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サトノクラウンの成績一覧

日付 レース名 距離 騎手 着順
2017.11.26 ジャパンC 芝2400 M.デムーロ 10
2017.10.29 天皇賞(秋) 芝2000 M.デムーロ 2
2017.06.25 宝塚記念 芝2200 M.デムーロ 1
2017.04.02 大阪杯 芝2000 M.デムーロ 6
2017.02.12 京都記念 芝2200 M.デムーロ 1
2016.12.11 香港ヴァーズ 芝2400 J.モレイラ 1
2016.10.30 天皇賞(秋) 芝2000 福永 祐一 14
2016.06.26 宝塚記念 芝2200 岩田 康誠 6
2016.04.24 QE2世C 芝2000 Z.パートン 12
2016.02.14 京都記念 芝2200 M.デムーロ 1
2015.11.01 天皇賞(秋) 芝2000 C.ルメール 17
2015.05.31 東京優駿 芝2400 C.ルメール 3
2015.04.19 皐月賞 芝2000 C.ルメール 6
2015.03.08 報知杯弥生賞 芝2000 福永 祐一 1
2014.11.24 東スポ2歳S 芝1800 R.ムーア 1
2014.10.25 2歳新馬 芝1800 福永 祐一 1

新馬戦・東スポ2歳ステークス・弥生賞と3連勝し、皐月賞は1番人気でむかえていた馬ですよね。結果的にクラシックではダービー3着という結果に終わってしまいましたが、古馬になってから重馬場の京都記念を圧勝。香港ヴァーズまで勝利してしまうほど出世しました。

そんなサトノクラウンの近3走を振り返っていきましょう。

1走前:ジャパンカップ[G1]

着順 馬名 騎手
1 シュヴァルグラン ボウマン
2 レイデオロ ルメール
3 キタサンブラック 武豊
: : :
10 サトノクラウン M.デム

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

終始外目を追走していました。3・4コーナーでじわじわと進出し、ラスト2Fくらいから鞭を入れ始めました。が、ぜんぜん伸びきれず。天皇賞(秋)での大激走が嘘のように脚がありませんでした。

まぁ最後はあまり追ってはいないので着順ほど下ではないのですが、それでも上位に差を詰めることはできなかったと思います。

2走前:天皇賞(秋)[G1]

着順 馬名 騎手
1 キタサンブラック 武豊
2 サトノクラウン M.デム
3 レインボーライン 岩田康誠

13.2-12.5-12.9-12.5-13.1-13.0-12.4-12.0-12.7-14.0

今年の天皇賞(秋)は周知の通りかなりの不良馬場で、スタミナ・底力を問われる展開となりましたね。

中団インでレースを進めました。他馬が外へ外へといっていたため内にいたサトノクラウンはキタサンブラックとともに直線にはいりましたが、やや置いていかれる形に。それでも鞭を入れて追うごとに差を詰めましたが、わずかに届かずの2着でした。直線でキタサンブラックが外に出してきたので、こちらが内に入る形になったのは少し痛かったかもしれませんね。

それでもさすがの道悪適性で、時計のかかる馬場は京都記念・宝塚記念に続きかなり相性が良いんだなぁと再確認できる結果となりました。

3走前:宝塚記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノクラウン M.デム
2 ゴールドアクター 横山典弘
3 ミッキークイーン 浜中俊

12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

後半が淡々としたラップになったことでスタミナ勝負となり、時計のかかる馬場が大得意のサトノクラウン向きの展開になりました。

ぼちぼちスタートをすると、中団の外目に位置どり。持ったままコーナーで加速していき、直線に向いて追い出すとすっと伸びてあっという間に先頭に立ちました。ゴール前は余裕すら感じましたね。

ラップを見たらわかるのですが、今年の宝塚記念はどんどんペースが落ちていった流れで、そんな流れがサトノクラウンに非常に適していました。後に2着になった天皇賞(秋)でもスタミナが問われる流れ・馬場だったように、本当に得意なんですよね。悲願のG1制覇となりました。

その他気になるレース:大阪杯[G1]

着順 馬名 騎手
1 キタサンブラック 武豊
2 ステファノス 川田将雅
3 ヤマカツエース 池添謙一
: : :
6 サトノクラウン M.デム

有馬記念、サトノクラウンの取捨は?

近3走を分析しただけでも十分すぎるくらい、サトノクラウンはタフな競馬に強い馬だということがわかりましたね。

少し前の有馬記念、具体的にいうと2013年以前の有馬記念では割とペースも流れてタフな競馬になることが多かったのですが、中山競馬場改修後の2014年以降はスローペースが続いていてスタミナ勝負に持ち込みたい馬にとってはやや不利な流れになっています。そしてサトノクラウンはその影響をモロに受けそうな馬。

さらには「【有馬記念2017】最終追い切り・一週前追い切りタイム一覧【調教予想】」で調教分析をした結果、サトノクラウンの追い切りがどうも気になるのですよね。いつもと異なるパターンで、さらに負荷がかかりにくい美浦南Pでの追い切り。これは疲れが溜まっているから無理をさせたくないのでは?と疑ってしまいました。

展開が向きにくい・調教が悪いとなると、狙ったところで馬券的妙味は少ないのではないかなーといった結論です。

参考までによろしくお願いします。

コメント