サイトデザイン変更中につきデザイン崩れがあります。ご了承ください。

【有馬記念予想】サウンズオブアースの考察・過去のレース回顧

競走馬

有馬記念に出走予定のサウンズオブアースについての考察です。過去のレース回顧をしながら有馬記念での取捨を考えていきます。

2016年の有馬記念では2着、2015年のジャパンカップも2着とG1にわずかに届かないサウンズオブアース。1度有馬記念で好走しているだけあって、今年も気になるところです。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サウンズオブアースの成績一覧

日付 レース名 距離 騎手 着順
2017.11.26 ジャパンC 芝2400 田辺 裕信 12
2017.10.09 京都大賞典 芝2400 横山 典弘 13
2017.08.20 札幌記念 芝2000 横山 典弘 4
2017.03.25 ドバイシーマ 芝2410 C.ルメール 6
2016.12.25 有馬記念 芝2500 M.デムーロ 8
2016.11.27 ジャパンC 芝2400 M.デムーロ 2
2016.10.10 京都大賞典 芝2400 M.デムーロ 4
2016.05.01 天皇賞(春) 芝3200 藤岡 佑介 15
2016.03.26 日経賞 芝2500 福永 祐一 2
2015.12.27 有馬記念 芝2500 M.デムーロ 2
2015.11.29 ジャパンC 芝2400 M.デムーロ 5
2015.10.12 京都大賞典 芝2400 浜中 俊 2
2015.05.03 天皇賞(春) 芝3200 内田 博幸 9
2015.03.28 日経賞 芝2500 M.デムーロ 4
2014.10.26 菊花賞 芝3000 蛯名 正義 2
2014.09.28 神戸新聞杯 芝2400 藤岡 佑介 2
2014.06.01 東京優駿 芝2400 浜中 俊 11
2014.05.10 京都新聞杯 芝2200 浜中 俊 2
2014.04.19 はなみずき賞 芝2000 福永 祐一 1
2014.03.22 若葉S 芝2000 M.デムーロ 3
2014.02.22 3歳未勝利 芝2000 C.デムーロ 1
2013.11.16 2歳未勝利 芝1800 M.デムーロ 4
2013.11.02 2歳未勝利 芝1800 M.デムーロ 2
2013.10.13 2歳新馬 芝2000 福永 祐一 5

よく主な勝ち鞍:はなみずき賞(500万下)とネタにされる馬ですが、強いからこそのいじり。菊花賞2着、有馬記念2着、ジャパンカップ2着となかなかのシルバーコレクターであります。

そんなサウンズオブアースの近3戦を振り返っていきましょう。

1走前:ジャパンカップ[G1]

着順 馬名 騎手
1 シュヴァルグラン ボウマン
2 レイデオロ ルメール
3 キタサンブラック 武豊
: : :
12 サウンズオブアース 田辺裕信

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

このペースではさすがに脚はたまらないのでしょうか。

追い出してからの伸びもイマイチで、あとはじわじわ伸びてはきていますが……他の馬よりも若干良いくらいの脚色だけど、はじめにすっと反応できないため距離も詰めれませんでした。

2走前:京都大賞典[G2]

着順 馬名 騎手
1 スマートレイアー 武豊
2 トーセンバジル 岩田康誠
3 シュヴァルグラン M.デム
: : :
13 サウンズオブアース 横山典弘

12.9-11.0-11.7-12.2-12.1-12.1-12.4-12.5-11.7-11.5-11.4-11.5

スタートで進路が狭くなってしまいました。それでも落ち着いて外目に進路を取りに行き、中団外で競馬を進めましたね。

4コーナーではスピードアップについていけておらず、直線を向いたときにはすでに後方。全く見せ場のない競馬でした。

スローではあったので脚が溜まってもおかしくないかなとは思ったのですが、さっぱりでしたね。もう衰えがあるように思えてしまいました。

3走前:札幌記念[G2]

着順 馬名 騎手
1 サクラアンプルール 蛯名正義
2 ナリタハリケーン 藤岡康太
3 ヤマカツエース 池添謙一
4 サウンズオブアース 横山典弘

12.7-11.0-11.7-13.0-12.3-12.1-11.9-11.9-11.8-12.0

ポンとスタートをでると先行。が、結局7番手で中団からの競馬になりました。

4コーナーで後ろから動いてきた馬もたくさんいる中、この馬は遅めの進出でしたね。ただもう後続から馬が殺到している状態だったので、後ろをチラチラ見ながら進路を探してからの追い出し。最後はヤマカツエースを交わせず4着でした。

この馬はジワリ伸びるよりも一瞬だけ脚を使うタイプなので、最後ロングスパートになった流れはちょっと厳しかったのかなと感じました。伸びが鈍かったですもんね。

その他気になるレース:2016年有馬記念[G1]

着順 馬名 騎手
1 サトノダイヤモンド ルメール
2 キタサンブラック 武豊
3 ゴールドアクター 吉田隼人
: : :
8 サウンズオブアース M.デム

有馬記念、サウンズオブアースの取捨は?

この馬は本当に一瞬の切れ味が良い馬だとずっと思っています。

2015年の有馬記念では2着にきましたが、スローペースでかなり脚を貯めることができましたよね。逆に去年の2016年の有馬記念は、スローながら最後はロングスパート戦になったことで良い結果が残せませんでした。

となると有馬記念のペース次第といったところなのですが、想定はミドルかややスローの最後はロングスパートになるのではないかなと予想しています(参考:【2017有馬記念】枠順&展開予想&暫定予想~距離持てば~)。これといった逃げもいないのでそこまで流れず、でも武豊騎手が逃げるならそうスローではなく早めにペースは上がって行くのかなと。

そうなったら厳しい。もし内枠を引けて入れば、多少ペースが上がったところでじっと脚を溜めることも可能でした(内枠だったら買いたいなと思っていたので)。しかし大外枠を引いたことで、ちょーっと嫌ですね……。

参考までによろしくお願いします。

コメント