スポンサーリンク

【中山金杯2018】過去10年の着順・配当一覧〜単勝から三連単まで〜

中山金杯の過去10年の配当(単勝・複勝・ワイド・枠連・馬連・馬単・三連複・三連単)の一覧です。

中山金杯は全体的に見て「昔は荒れやすいレースだったが、近年は荒れにくいかたいレース」です。配当を見たらわかるので、一緒に振り返っていきましょう!

速報
1着セダブリランテス
2着 ウインブライト
3着 ストレンジクォーク
配当はこちらをクリック

スポンサーリンク

過去10年中山金杯平均配当

単勝 馬連 3連複 3連単
2017 280円 1,760円 2,360円 10,430円
2016 490円 1,670円 1,850円 11,190円
2015 610円 1,540円 3,630円 16,690円
2014 950円 8,390円 7,250円 57,180円
2013 440円 1,110円 1,810円 9,400円
2012 570円 2,560円 7,960円 42,360円
2011 280円 3,360円 10,770円 58,100円
2010 320円 2,230円 59,540円 248,790円
2009 830円 2,860円 41,980円 232,760円
2008 640円 1,710円 16,930円 72,880円
平均配当 541円 2,719円 15,408円 75,978円

中山金杯過去10年の単勝・馬連・三連複・三連単の配当は上記の表のとおりです。

そのほかの複勝・ワイド・枠連・馬単については、後ほど詳しく見ていきましょう!

2018年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 3 6 セダブリランテス 牡4 戸崎 1
2着 2 1 ウインブライト 牡4 松岡 2
3着 1 11 ストレンジクォーク 牡6 柴山 10
単勝 6 250円 複勝 6 130円
枠連 2-3 540円 1 170円
馬連 1-6 680円 11 540円
馬単 6→1 1100円 ワイド 1-6 550円
三連複 1-6-11 5270円 6-11 370円
三連単 6→1→11 18170円 1-11 1030円

2017年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 3 3 ツクバアズマオー 牡6 吉田豊 1
2着 2 2 クラリティスカイ 牡5 田辺裕信 6
3着 1 1 シャイニープリンス 牡7 江田照男 4
単勝 3 280円 複勝 3 120円
枠連 2-3 1930円 2 260円
馬連 2-3 1760円 1 220円
馬単 3→2 2690円 ワイド 2-3 550円
三連複 1-2-3 2360円 1-3 370円
三連単 3→2→1 10430円 1-2 1030円

2017年の中山金杯は2着に中穴が入るも、全体的な配当はかなり安めでした。

2016年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 4 5 ヤマカツエース 牡4 池添謙一 3
2着 5 7 マイネルフロスト 牡5 松岡正海 5
3着 6 10 フルーキー 牡6 M.デム 1
単勝 5 490円 複勝 5 160円
枠連 4-5 1070円 7 160円
馬連 5-7 1670円 10 140円
馬単 5→7 3160円 ワイド 5-7 490円
三連複 5-7-10 1850円 5-10 380円
三連単 5→7→10 11190円 7-10 490円

2016年の中山金杯は3,5人気決着ながらも配当は安く、1人気が3着のため三連複もかなり安い結果となりました。

2015年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 1 2 ラブリーデイ 牡5 ベリー 4
2着 2 4 ロゴタイプ 牡5 C.デム 1
3着 3 5 デウスウルト セ7 川田将雅 5
単勝 2 610円 複勝 2 200円
枠連 1-2 590円 4 170円
馬連 2-4 1540円 5 220円
馬単 2→4 2880円 ワイド 2-4 570円
三連複 2-4-5 3630円 2-5 770円
三連単 2→4→5 16690円 4-5 760円

2015年の中山金杯は1人気がきっちり連対し、全体的に配当は安めでした。

2014年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 2 3 オーシャンブルー 牡6 ベリー 5
2着 2 4 カルドブレッサ 牡6 藤岡佑介 8
3着 4 8 ディサイファ 牡5 四位洋文 1
単勝 3 950円 複勝 3 330円
枠連 2-2 8850円 4 360円
馬連 3-4 8390円 8 150円
馬単 3→4 14390円 ワイド 3-4 1980円
三連複 3-4-8 7250円 3-8 710円
三連単 3→4→8 57180円 4-8 950円

2014年の中山金杯は穴馬のワンツーで馬連などの配当は高めですが、1人気が3着のため三連複は安めでした。

2013年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 3 6 タッチミーノット 牡7 横山典弘 2
2着 6 11 アドマイヤタイシ 牡6 ベリー 4
3着 5 9 ジャスタウェイ 牡4 内田博幸 1
単勝 6 440円 複勝 6 160円
枠連 3-6 1100円 11 190円
馬連 6-11 1110円 9 160円
馬単 6→11 2100円 ワイド 6-11 510円
三連複 6-9-11 1810円 6-9 410円
三連単 6→11→9 9400円 9-11 590円

2013年の中山金杯は人気馬での決着で、配当は安めでした。

2012年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 6 12 フェデラリスト 牡5 蛯名正義 2
2着 6 11 ダイワファルコン 牡5 北村宏司 4
3着 3 6 コスモファントム 牡5 丹内祐次 5
単勝 12 570円 複勝 12 220円
枠連 6-6 2630円 11 290円
馬連 11-12 2560円 6 350円
馬単 12→11 4340円 ワイド 11-12 980円
三連複 6-11-12 7960円 6-12 1210円
三連単 12→11→6 42360円 6-11 1440円

2012年の中山金杯は1人気が飛んだものの比較的上位人気馬の決着で、そこまで荒れませんでした。

2011年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 2 4 コスモファントム 牡4 松岡正海 1
2着 2 3 キョウエイストーム 牡6 石橋脩 11
3着 6 12 ナリタクリスタル 牡5 幸英明 5
単勝 4 280円 複勝 4 140円
枠連 2-2 4460円 3 470円
馬連 3-4 3360円 12 320円
馬単 4→3 5320円 ワイド 3-4 930円
三連複 3-4-12 10770円 4-12 650円
三連単 4→3→12 58100円 3-12 3180円

2011年の中山金杯は1人気が勝ったものの、2着に大穴が入り比較的高めの配当でした。

2010年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 2 4 アクシオン 牡7 藤田伸二 1
2着 6 12 トウショウシロッコ 牡7 吉田豊 5
3着 5 9 トウショウウェイヴ 牡5 中舘英二 15
単勝 4 320円 複勝 4 170円
枠連 2-6 2270円 12 360円
馬連 4-12 2230円 9 1920円
馬単 4→12 3220円 ワイド 4-12 910円
三連複 4-9-12 59540円 4-9 5840円
三連単 4→12→9 248790円 9-12 8320円

2010年の中山金杯は大穴が3着に突っ込んできて三連単が高配当となりました。

2009年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 1 1 アドマイヤフジ 牡7 川田将雅 4
2着 5 10 ヤマニンキングリー 牡4 藤田伸二 2
3着 6 12 ミヤビランベリ 牡6 吉田豊 11
単勝 1 830円 複勝 1 290円
枠連 1-5 690円 10 230円
馬連 1-10 2860円 12 990円
馬単 1→10 6500円 ワイド 1-10 1240円
三連複 1-10-12 41980円 1-12 5750円
三連単 1→10→12 232760円 10-12 3470円

2009年の中山金杯は1人気が飛び、3着に大穴が突っ込んできたことでかなり高配当となりました。

2008年中山金杯の着順・配当

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 騎手 人気
1着 7 13 アドマイヤフジ 牡6 川田将雅 3
2着 8 15 エアシェイディ 牡7 後藤浩輝 2
3着 2 3 メイショウレガーロ 牡4 田中勝春 9
単勝 13 640円 複勝 13 230円
枠連 7-8 1440円 15 210円
馬連 13-15 1710円 3 780円
馬単 13→15 3660円 ワイド 13-15 680円
三連複 3-13-15 16930円 3-13 2680円
三連単 13→15→3 72880円 3-15 2830円

2008年の中山金杯は1,2着こそ人気馬ですが、1人気が飛び3着が穴馬で比較的高配当となりました。

中山金杯は昔は荒れるも近年はかたいレース!今年はどうなる?

中山金杯の過去10年の配当を振り返ってきました。昔の中山金杯は荒れることも多かったのですが、最近では安めの配当が目立ちます。

中山競馬場は2014年12月に馬場改修工事をし、2015年の中山金杯からは少し傾向が変わってきています。今は「人気馬で決まるレース」に変わってきている可能性も高いですね。

過去の配当も参考にして、馬券を組み立ててみてくださいね。

競馬アプリまとめ